世界遺産-World Heritage- 国や民族をこえて、人類が共有すべき普遍的な価値をもつ遺産を分別して紹介。

古都奈良の文化財(Historic Monuments of Ancient Nara)

天平文化を育んだ なんとみごとな 平城京
Nara at a glance
Todai-ji temple, Nara Park
Pedestrian underpass, Nara, Nara Prefecture
Nara: Tōdai-ji - Daibutsuden - Niyorin Kannon Bosatsu and Bishamonten
Wild Deer, Todai-ji temple, Nara Park
Nara, kids in traditional costumes with deer
Tōdai-ji Temple, Nara Park, Nara
Nara: Tōdai-ji - Daibutsuden - Kokūzō Bosatsu
Nara: Tōdai-ji - Daibutsuden - Kōmokuten
Nara: Tōdai-ji - Daibutsuden - Daibutsu and Kokūzō Bosatsu
Nara: Tōdai-ji- Replica of the Lotus Petals of the Great Buddha's Pedestal
Nara: Tōdai-ji - Daibutsuden - Kokūzō Bosatsu
Wild Deer, Todai-ji temple, Nara Park
Nara: Tōdai-ji- Replica of the Lotus Petals of the Great Buddha's Pedestal
Tōdai-ji (東大寺?, Eastern Great Temple),
Todai-ji
Daibutsuden
Kyōto - Higashiyama: Kiyomizudera - Butai
Nara: Tōdai-ji - Daibutsuden - Niyorin Kannon Bosatsu
Nara: Tōdai-ji - Daibutsuden - Daibutsu
Nara: Kasuga-taisha - Hōko lanterns

国名:jp Japan

登録年:1998年

登録基準:(ii),(iii),(iv),(vi)
場所:奈良県奈良市
Nara was the capital of Japan from 710 to 784. During this period the framework of national government was consolidated and Nara enjoyed great prosperity, emerging as the fountainhead of Japanese culture. The city's historic monuments – Buddhist temples, Shinto shrines and the excavated remains of the great Imperial Palace – provide a vivid picture of life in the Japanese capital in the 8th century, a period of profound political and cultural change.
(訳)奈良は710年から784年の間、日本の中心地だった。奈良時代は日本文化の原点として素晴しい繁栄を享受した。奈良市内の歴史的建造物は - 仏教寺院、神社、皇居の発掘遺跡 -8世紀に日本の中心であったという生活の跡など、政治的・文化的な変化の時代をあらわしている。

交通アクセス

鉄道:奈良駅が主
    *観光場所はだいたいが最寄り駅から徒歩で回れる

バス:『春日大社』へは「奈良駅」から奈良交通バスで約15分
    奈良交通バス(市内循環外回り)約10分「春日大社表参道」下車、徒歩約10分

 車:有料駐車場駅周辺にあり

nadyのコメント

みどころ:
『東大寺(正倉院を含む)』
『興福寺』・『春日大社』
『元興寺』・『薬師寺』
『唐招提寺』・『平城宮跡』
『春日山原始林』
 *順不同

このページの先頭へ